なぜ勃起しなくなる?EDの原因をタイプ別に解説

なぜ勃起しない?

ひとくちにEDと言っても、原因は複数ありEDのタイプは4つに分ける事ができます。
EDのタイプによって対処法も異なるため、自分のEDタイプは知っておいた方が良いです。
そこで今回は以下にEDの原因をタイプ別にまとめてみました。

心因性ED

精神的なストレスがきっかけで発症するのが心因性EDです。
心因性のEDは20代~40代と、比較的若い層に見られます。
精神的なストレスが強い場合、性的興奮があっても神経から勃起の指令が伝わらず、EDの症状を発症しやすいのです。
ストレスの原因は人それぞれで、
「職場の人間関係に悩んでいる」
「パートナーとの関係が悪い」
「子作りにプレッシャーを感じてしまっている」
「性行為に失敗した経験がトラウマになっている」
など多岐に渡ります。
心因性EDの場合、薬を用いなくてもカウンセリングのみで解決するケースも。
もちろんED治療薬も有効で、カウンセリングと並行して治療する場合もあります。

器質性ED

器質性EDは身体に何らかの問題があって、物理的に発症するEDを指し、
・加齢によっておこるもの
・生活習慣病によるもの
・過去の事故や手術によるもの
などが原因で起こります。
血管が硬くなる動脈硬化は老化現象のひとつで、血管が硬くなることでペニスへ勃起に十分な血液が行き渡らずにEDの症状が出てしまうのです。
また糖尿病や高血圧などの生活習慣病も動脈硬化を引き起こし、やはりEDを招いてしまいます。
過去の事故や手術でペニスや勃起に関わる神経や血管が損傷した場合もEDを引き起こします。
器質性EDの場合もED治療薬は基本的に有効ですが、血管や神経が傷ついている場合は修復手術をしたり、血管・神経が修復するのを数年待つ場合も。

混合型ED

心因性EDの精神的ストレスと、器質性EDの身体的問題が合わさって発症するのが混合型EDです。
混合型EDの場合、心因性・器質性双方を解決するアプローチが必要になります。
混合性EDにもED治療薬は有効です。
必要あれば精神的ストレス緩和のためのカウンセリングを受け、身体に問題がある部分は治療を受け改善していきます。

薬剤性ED

持病によって常用している薬がある人の場合、その薬が原因でEDになる場合があります。
薬剤性EDの場合、薬の量を減らす・中止すると症状が改善される場合が多いです。
しかし自己判断で薬の量を減らしたり止めたりするのは持病治療の妨げとなり、危険です。
必ずかかりつけの医師に相談し、指示を受けましょう。