EDは自力で治せる!?生活習慣を見直して体質改善しよう

体質改善

EDは一度なってしまうと、基本的に自然に治癒することは難しい病気です。
EDの改善には治療薬を服用しますが、治療薬はED体質そのものを改善するものではなく、あくまで勃起をサポートしてくれるためのものです。
症状を根本から改善していきたい場合は、体質改善を目指しましょう。
なぜならEDと生活習慣はの関係は非常に密接だからです。
その証拠に、生活習慣病患者のなかにはEDを併発している人も少なくありません。
生活習慣が乱れると体内の活性酸素が過剰になり、EDを発症する原因にもなります。
今回はED体質を改善するための方法を挙げていきます。

 

食生活の改善

バランスのとれた食生活はED改善に繋がります。
現代は飽食で脂質や糖質の高い美味しい食べ物だらけです。
それゆえに好きな物を好きなだけ食べていると、1日に摂取すべきカロリーを大幅に超えることもあります。
また外食などは味付けが濃く、カロリーだけでなく塩分も取り過ぎてしまう傾向が。
高カロリー食や塩分濃度の高い食事は肥満や高血圧、腎機能障害などの生活習慣病の原因の1つです。
生活習慣病を誘発する食生活は、血管が硬くなりやすいです。
勃起はペニス周辺の血管が拡張され、ペニスに血液が流れ込み硬くなります。
血管が硬くなってしまうと、勃起に必要な血管の拡張がスムーズに行なわれず、ペニスが血液不足となりEDに陥ってしまいます。

ED男性が積極的に摂取したい栄養素は以下があります。

亜鉛・・牡蠣、卵黄、豚レバーなど
アルギニン・・えび、まぐろなど
ビタミンE・・うなぎ、アボカドなど
シトルリン・・スイカ、ゴーヤーなど
アリシン・・たまねぎ、にんにくなど
タウリン・・カキ、タコなど
ムチン・・納豆、おくらなど

 

筋トレなど、運動習慣をつける

ED男性に筋トレは有効です。
下半身の筋肉が衰えてしまうと血行不良になりやすくなるため、特に下半身の筋トレはEDに効きます。
しかしいきなりハードに運動をすると、筋肉疲労を起こしストレスとなってしまいます。
ストレスもEDの原因ですが、無理のない程度に少しずつ運動量を増やしていくことが望ましいです。
しかし下半身トレーニングに効果的なサイクリングはED男性に不向きです。
サドルでペニス周辺の神経や血管が圧迫されるので、EDを悪化させる可能性があります。

 

禁煙する

実はタバコもEDの一因です。
喫煙すると、ペニス周辺の血管機能に異常が生じやすくなり、EDを誘発します。
調査によると、ED男性の40%が喫煙者で、喫煙者はタバコを吸わない男性よりもEDのリスクも高まることが分かっています。
EDを改善するためには禁煙を目指しましょう。