ED男性を救う治療薬!効果的な服用のポイントは食事にあった!?

ED治療薬と食事

「ED治療薬を飲みさえすれば、勃起ができる」そう思い、何も考えずに治療薬を服用すると効果が半減どころが、「まったく効かなかった」という事になりかねません。
ED治療薬は間違えた飲み方をすると、ほどんと効果がなくなってしまうので、服用のポイントは抑えておいたほうがいいでしょう。

現在ED治療薬の主流であるバイアグラ、レビトラ、シアリスなど、薬の種類によって服用のポイントが異なる点もあります。

ED治療薬の効果を十分に得る上で大切なのが食事のタイミングや内容です。

例えばバイアグラのシルデナフィル系は、食事との相性が良くありません。なぜならシルデナフィルは腸内で成分が吸収された後に効果を発揮します。
例えば食事をした後にバイアグラやシルデナフィル系の治療薬を服用すると、食事で摂取した脂肪分や未消化の食物が、成分の吸収を妨げてしまい効果を発揮できません。
そのためシルデナフィル系の治療薬を服用する場合は空腹時が絶対なのです。
薬を服用してから30分~1時間後以降であれば、普通に食事をしても問題ありません。

・シルデナフィル系のED治療薬
バイアグラ、カマグラゴールド、カマグラゼリー、バイスマなど

レビトラの有効成分であるバルデナフィル系は、食事の影響を受けないとされているようですが、実際は全く影響しないというわけではありません。
700Kcal以内の食事であれば効果は低下しないとされていますが、同じ700kcalでも脂質が多く消化に悪いものよりも、おにぎりやうどんなど消化に良い物のほうがより影響は受けにくくなっています。
700Kcal以内に収まる食べものとしては、牛丼並盛り、ビッグマック、親子丼、生姜焼き定食などがあります。
しかし効果を100%実感したいのであれば、やはり空腹時の服用がベストであることに変わりはありません。

・バルデナフィル系のED治療薬
レビトラ、バリフ、レビスマなど

シアリスの有効成分タダラフィルは、上二つの治療薬に比べて最も食事の影響は受けずらいですが、やはり食事の内容は800kcal以内に抑えることが求められます。
800kcal以内に収まる食べ物は、親子丼やうな重、チキンカレーなどがあります。
食事は1食あたり800kcalに収まるものが多いので、メニュー選びには割りと苦労がいりません。
しかしタダラフィルもバルデナフィル同様、薬を飲む日は脂肪分が多い食事よりも、和食などあっさりとしたものが成分の吸収がスムーズになります。効果を発揮する観点から考えると、食事の内容は意識した方がよいでしょう。

・タダラフィル系のED治療薬
シアリス、タダシップ、シアスマなど

※この記事は、「カマグラを服用するときお酒は飲んで良い?お酒との相性について – カマグラゴールド宅配便」を参考に作成しました。